GENERAG
2/25

生地の歴史や特性を知り尽くしたファブリックディーラー”GENERAL RAG TEXTILE”クオリティーの高い生地は日本から仕入れ、デッドストックの生地は海外ヴィンテージディーラーから仕入れる。そんな生地のエキスパートが服作り。“服作りは生地選びで決まる”をコンセプトに、古着屋にディスプレーされていても、何ら遜色のなく馴染むアイテムを。古着フリークの元へデリバリーいたします。About “ GENERAG ”40’s~50’sの時代背景に最も適した生地のみPICK UP。また、長年培ったノウハウから海外ディーラーからVintageの生地を仕入れています。この年代の生地や製法の特徴は”耐久性”。ミリタリーアイテムやワークアイテムに使用されるための生地を中心に仕入れています。1980年代から現在にいたるまで、古着業界とは深い関わりを持ってまいりました。80年代、Vintage時代の幕開け。都心から地方へ広がりを見せる。90年代になると一気に火が付き、古着屋の数も増加。大量のVintageアイテムが所狭しと並ぶ。2000年代に入ると、古着屋の軒数の数に反比例し、Vintageアイテムの仕入れが困難に。仕入れる事が出来れば売れるのがわかっているアイテムであっても、海外では枯渇した状態が現在、そしてこの先も続く。GENERAGが最も仕入れに力を入れている40’s~50’sの時代背景に合う生地。当然、作りたい服もこの時代背景の服。あれば売れるのに不足している服もこの時代背景と合致。加工したアイテムではなく、ファブリックディーラーらしくリジッドのアイテムを、限りなくデッドストックに近く仕立てる。古着屋にディスプレーされていても何ら遜色なく、馴染むアイテムを古着フリークの元へ。Products

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です